•  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    山口県美祢市美東町にある集落

    鳳鳴地区に古くから現存する木造校舎の廃校

    旧鳳鳴小学校校舎・体育館にて

    音楽と暮らしの店舗が集うフェスイベント

    《暮らしと音楽》

  • aint

     

    福岡県久留米市発の4ピースバンド。 練りに練られた楽曲とエモーショナルなパフォーマンスを武器に全国でその名を轟かせている。容赦ない変拍子と絡み合うリフは一聴するととても難解に聞こえるが、Vo.Gt コウキの癖になる歌声とメロディが繋がる事によって、難解で突き離すように鳴っていた音が優しく寄り添う様に姿を変える。

     

    先日行われたUKプロジェクト主催オーディションにて見事グランプリを獲得。 後に開催されたUKFC on the Road2017に出演を果たす。

     

    aint / 君のこと【Music Video】

  • cetow

     

    京都を中心に活動するインストバンド。ツインギターの絡みを基調に、繊細かつエモーショナルな楽曲を作り上げる。ジャンルの枠にとらわれることなくエモ、ハードコア、ヒップホップ等のアーティストと共演。 数多いるインストバンドの中でも彼等ほど堂々と、ある意味王道を進むバンドは中々居ない。初めて楽器を触った時の、バンドで初めて音を鳴らした時の、或いは音楽に初めて憧れを抱いた時の初期衝動に訴えかけてくる音を、是非体感していただきたい。

     

    2013年1月に1st EP「normal tepareture」をリリース。
    2014年2月に残響ショップにて委託販売開始

     

    『cetow-official website』 https://cetow-4piece.jimdo.com/

    【MV】cetow/migrant

  • e;in

     

    ポストロックの聖地、京都を中心に活動する4ピースインストバンド。四季に寄り添う様な情緒溢れる音を鳴らし、凛と佇む姿は、殺伐とした日常を進んでいく為の勇気を与えてくれる。そして楽曲毎に仕掛けられた玄人ならではのギミックと、それを可能にする職人的な技量は、e;nだからこそ成立する、e;inでしか体験出来ない、そんな力強さも感じさせてくれる貴重な存在。

     

    e;in / never fade MV

  • elephant

     

    山口産3ピースオルタナバンド。90年代のUS/UKカルチャー、サウンドを軸にエモ〜ポストロックまで飲み込んで独自の解釈で吐き出す。複雑でありながら耳に残るメロディと轟音、3ピースとは思えないような音圧に圧倒される。

     

    今年3月にミニアルバム「bassment」をリリース。

     

    elephant / thirst

  • e.t.c

     

    山口県を中心に県内外で活動する3人組インストバンド 。ポストロック / マスロック / エレクトロニカ等を織り交ぜ、叙情的かつキャッチーに構築する。特徴的な各パートの音色が複雑に絡み合い、波のように押し寄せる。

     

    2017年4月に“KNOCK in”にて「topology」を無料配信。

     

    e.t.c - topology 【MV】

  • LOSTAGE

     

    地元奈良を拠点に活動を続ける3ピースロックバンド。ASIAN KUNG-FU GENERATION企画「ナノムゲンフェス」の出演等、精力的に活動を続ける。昨年はタイでのフェス「CAT EXPO」など、国境を越え数多くの人の心を動かし続けている。

     

    今回は約2年ぶりの山口県。廃校を舞台としたLOSTAGEのエモーショナルなライブは必見。

     

    『LOSTAGE』http://lostage.co/

    LOSTAGE / ポケットの中で(Unofficial Video)

  • shiNmm

     

    山口県を中心にひっそり、しんみりと活動する4人組へにゃポップバンド。ジャンルにとらわれない表情ゆたかな遊び心溢れる楽曲はどこかせつなくも優しい気持ちを心に残してくれる。楽曲だけでなくメンバーの個性的なキャラクターにも注目。

     

    2017年3月に1st ミニアルバム[おばけ]をリリース。

    shiNmm / ゆうれい

  • susquatch


    中国地方でしかも山口県でsusquatchが見れる、初期のファンからしたらこの事実がどれだけ貴重な事かお分かりいただけるはず。ジャンルに縛られる事なく縦横無尽に変化する楽曲、そこに乗るVo.gt/押切氏の天性のボーカル、グッドメロディの嵐。何より、一つ一つを取ると非常に難解なフレーズの応酬なのに、ライブで最初の一音目が鳴らされた瞬間から自然とシンガロングしたくなる、身体の底から拳を突き上げたくなる、あの不思議な感じは彼等以外では決して味わえないと思う。

     

    『susquatch』https://www.ssqt.jp/

    susquatch"3chords"

  • まやかしプラスチック

     

    広島生まれのキュートでキッチュでサイケでリックなおもちゃバンド。国際アニメーションフェスティバルからプラネタリウム、映画館、果てはNPO法人の周年パーティーなど、ちょっぴり変わった出演も数知れず。ひめとまほう(姫乃たま&西島大介)の裏方をはじめ、幅広く活動中。

     

    1stアルバム「まやかし万博」、Remixアルバム「まやかしパビリオン」フリップミュージックより 全国発売中!

     

    『まやかし万博』http://mayapla.web.fc2.com/

    まやかしプラスチック/マリーは気まぐれ(PV)

  • 羅悠靖(from curve)

     

    東京小岩を拠点に活動する「curve」のフロントマンである羅 悠靖氏のソロワーク。 轟音の中にあって尚、圧倒的な存在感を示す歌声と人間の内面の底の底に響いてくるようなコードワークは正に唯一無二。そうして表現されてきた数々の楽曲が、ソロになる事で一体どのように姿を変えるのか。シンプルな構成故に、よりストレートに人々の心に突き刺さる音像は必見。

    羅悠靖(from curve)2009 at ORPHEUS kashiwa

  • Gofish

     

    テライショウタの歌とギターのソロユニット。20世紀末より活動を始め、数々の音源をリリース。オムニバスもao to aoのカシオトーンコンピレーションアルバムなど多数参加。コントラバスの稲田誠、チェロの黒田誠二郎とのGofishトリオとして柴田聡子と共演した「Gofishトリオと柴田聡子」も話題となった。

     

    ライブもソロ、トリオ共に精力的に活動中。今年7月にゲストコーラスに韓国のSSWイ・ランを迎えた7インチ「肺/ピアノのまわり」をリリース。

     

    Gofish / 肺

  • little phrase

     

    2007年山口で結成。2009年に1st"landscape"をリリースし、2011年にはNYのhelios/goldmundのキースから直接誘われ坂本龍一氏らとコンピレーションアルバム「for Nihon」へ参加した。Helios,epic45,miaouはじめ国内外から反響がある。

     

    映画「螺旋銀河」(草野監督)への楽曲提供。

    2017年、3rdアルバム"like a water flow"をリリース。

    自由な音楽制作集団として活動中。

     

    『little phrase official website』http://littlephrase.strikingly.com/

     

    litllephrase"HANAMI by the river"

  • オガサワラ ヒロユキ

     

    大阪のシンガーソングライター。 ヘヴィメタルの洗礼を受け音楽を始める。その後、ギター弾き語りの形態で活動を開始。 日記を綴るような詩とその柔らかな歌声は様々な層から評価を受けている。 今回で山口でのライブは今年4回目。

     

    「昔、大阪で廃校を使ったイベントを主催していたこともあり、 また教室で歌える日が来るなんてとても感慨深い。 沢山の人の気持ちがこもった大切な1日を彩れるような歌を歌えたらと思う。モットーは生涯現役。」

     

    『オガサワラヒロユキ』 http://ogasawarahiroyuki.com/

    Boys & Girls/オガサワラヒロユキ

  • その他の短編ズ

     

    2012年結成。板村瞳と森脇ひとみの2人組。アコースティックギターやキーボードなどを使って複雑に組み上げていく独特の楽曲と歌声が生み出すアンサンブルが頭の中でぐるぐると回る。何にも囚われない普遍的で自由な表現に美しさと尊さ、あの時の純粋な気持ちと景色が浮かんでくるような、ちょっぴりユーモアにもみえるふたりの世界観に魅了される。

     

    今年8月に、NEWアルバム「31」をリリース。

     

    その他の短編ズ-真珠 (official music video)

  • 永末かをる

     

    広島県を中心に活動するシンガーソングライター。優しい歌声とアコースティックギターの音が、忙しなく過ぎる毎日を癒してくれるような、何気ない日常の幸せに気付かせてくれるような、そんな暖かさを残してくれる。

     

    2010年、山口県にてバンド「月見ジャブ」を結成。 ボーカル、作詞作曲を担当。 並行して弾き語り活動を開始した。2015年夏、山口から単身広島へ。

     

  • 中野 祥平

     

    東京で助川太郎氏にギターを師事する。 ギターと唄で、都内を中心に演奏活動を展開。 サックス、パーカッション、バンド、写真家(slide)など、その時々でセッションをしながら空間を感じ、音を奏でている。スタイルは、弾き語らない。(弾き語れない)

     

    現在、島根県吉賀町に移住し、各地で演奏活動をしている。

    「マイペースに演奏しています。 ふらっと立ち止まってくれればうれしいです。」

     

  • 原田茶飯事

     

    全国演奏旅行を生業としながら野外フェスでの出演等、ソロとバンドを使い分け節操無く渡り歩く全方位型シンガーソングライター。芸名に水が絡むと運気があがるとのことで原田茶飯事と名乗っている。ソフトロックやMPBの洒落っ気、茶目っ気を感じさせながらも口から半分 魂の出たようなステージングは必見。

     

    2017年8月NEWアルバム「MILD」をリリース。

     

    『原田茶飯事 official website』http://haradasahanji.main.jp/top/

    最新アルバム「MILD」から

    「すきなようにやれるように」原田茶飯事

  • ボギー家族

     

    福岡の365日お祭り男ボギー(父)、少年画家として活躍するモンド(長男14才)、自由奔放なギャングエイジ天晴(次男9才)、生まれついてのアイドル気質今ちゃん(長女4才)、一家を支える屋台骨ベイビー(母)の5人による自然発生的家族バンド。

     

    車一台ロードムーヴィーのように全国を廻るニュータイプの旅芸人一家?

    アルバム「バカになりましょう」発表。とにかく自由!そしてPUNK!

     

    『ボギーの悪趣味音楽作法』http://bogggey.blog.jp/